原澤塾ブログ

原澤塾通信⑫

2020.8.27

国民教育者の師父 森信三先生 「魂の言葉」より一部抜粋

中学生諸君、自分の将来を測るものさしがあるから、それを教えましょう。

一、テレビをどこまで自粛できるかどうか。つまり、テレビの断食の日をつくるのです。

二、一日の予定をどこまで完全に仕上げられるかどうか。「一日は一生の縮図なり」というのが私の信条です。
自分の一生がどうなりそうかとうことは、いまのうちに見当をつけなくてはなりません。

追記~

夏休みが終わり、通常の授業が始まりました。ここで大事なことは前回の試験でつまづいてしまった場合は、次回の試験では
人生のすべてを捧げる気持ちで臨むようにしてください。
とりわけ、まだ精神が未熟な中1,2くらいの子どもにとって、新しい学年での2回連続の試験のつまづきは自信を失い、勉強意欲が大いに下がってしまうからです。

何卒ご理解していただき、心配な場合は適当な塾にいれてあげてほしいと願うばかりです。