原澤塾ブログ

原澤塾通信⑮

2020.10.20

森信三先生 著書「10代の人間学」より 一部抜粋

試験というものは誰一人として好きな人はいないし、またその成績が人の人間的な価値をそのまま示すものとは言えないにもかかわらず、だからと言ってこれを軽視してよいとはいえないのであります。

というのもそれによってその人の一生運命が大きく左右せられるからであります。

いま一つ大事な事として申し上げたいのは、人間というものは、どうしても自分がしなければならぬ事柄に対しては、たとえそれがどんなにいやな事柄であろうと、

またその事自体に、どれほど価値があると否とにかかわらず、常に「全力」を傾けてそれと取り組み、ついにそれをやり抜くということは、人間として最重大なことでありまして、

このような人間的態度を鍛える点では、試験というものはスポーツにおける合宿訓練などと同様に、非常に意義があると思うのであります。

ですから、試験に真剣に取り組めないような人間は、人生の真の勝利者になることは、おそらく非常に困難ではないかと思うのであります。

追記~
中間試験の結果表が配布され始め、それを見た親御さんからの問い合わせが多くなる時期です。

とりわけ、1年生の保護者の方に申し上げたいのは、次回期末試験で挽回しないと「自分はこんなものなんだ」という思い込みとなり、
そのまま泣かず飛ばずな成績で過ごすことになり、公立高校進学が懸念されます。

2年生も次の期末で挽回して学年末を迎えればまだ間に合いますが、次の期末試験で失敗してしまうと、あとがありません。
次回の期末試験はとても重要なものであると認識していただければ幸いです。

原澤塾が運営する自立学習RED前橋教室にご相談ください。
※原澤塾は高校生専門塾ですが、中学生の補習も手厚くさせていただいています。