原澤塾ブログ

原澤塾通信㉕

2021.4.7

森信三先生 著書「10代の人間学」より 一部抜粋

試験というものは誰一人として好きな人はいないし、またその成績が人の人間的な価値をそのまま示すものとは言えないにもかかわらず、だからと言ってこれを軽視してよいとはいえないのであります。

というのもそれによってその人の一生運命が大きく左右せられるからであります。

いま一つ大事な事として申し上げたいのは、人間というものは、どうしても自分がしなければならぬ事柄に対しては、たとえそれがどんなにいやな事柄であろうと、

またその事自体に、どれほど価値があると否とにかかわらず、常に「全力」を傾けてそれと取り組み、ついにそれをやり抜くということは、人間として最重大なことでありまして、

このような人間的態度を鍛える点では、試験というものはスポーツにおける合宿訓練などと同様に、非常に意義があると思うのであります。

追記~
小学校、中学校へのご入学おめでとうございます。

中学1年生を持つ保護者の方へ塾として申し上げたい唯一の事は「1学期の中間試験はこれを可能な限り全力を尽くして良い点を取ってほしい」ということです。
これは既に上にお兄様お姉さまがいる保護者の方は共感していただけることと思います。

勉強も病気同様に予防が大切であり、悪かったから塾に入ろうでは少し遅く、多少なりとも心配な部分がありましたら塾へ行かれることを強くお勧めします。
自立学習RED前橋教室では他の個別指導塾よりもリーズナブルな価格で学習でき、まずは少しづつからという方にもお力になれることと思いますので是非ご体験ください。

宜しくお願い致します。

※原澤塾は自立学習RED前橋教室を卒塾した生徒さん専門の学習塾であり、現在在籍しているREDの生徒さんの補習も行う個別指導塾です。
REDはITを駆使した指導、原澤塾は人による個別指導で保護者、生徒のニーズに手厚く応えております。