原澤塾ブログ

原澤塾通信㉗

2021.5.20

森信三先生 著書「10代の人間学」より 一部抜粋

試験というものは誰一人として好きな人はいないし、またその成績が人の人間的な価値をそのまま示すものとは言えないにもかかわらず、だからと言ってこれを軽視してよいとはいえないのであります。

というのもそれによってその人の一生運命が大きく左右せられるからであります。

いま一つ大事な事として申し上げたいのは、人間というものは、どうしても自分がしなければならぬ事柄に対しては、たとえそれがどんなにいやな事柄であろうと、

またその事自体に、どれほど価値があると否とにかかわらず、常に「全力」を傾けてそれと取り組み、ついにそれをやり抜くということは、人間として最重大なことでありまして、

このような人間的態度を鍛える点では、試験というものはスポーツにおける合宿訓練などと同様に、非常に意義があると思うのであります。

追記~
中間試験が始まり、既に終わった学校もあります。振り返ることで重要なことは細かなミスの検証ではなく「全力を尽くしてやれたかどうか」ということです。

定期試験に全力を尽くせないお子様はいざ中3の入試時期になっても本気になれない場合は多いです。

もしまだやれるといいった場合は是非一か月後の期末試験で気持ちを切り替えて頑張ってみてください。

困ったら周りにいくらでも助けてくれる学習塾はあります。遠慮なく頼ってください。

宣伝~

原澤塾が運営する自立学習RED前橋教室では1か月の無料体験をしております。

リーズナブルな価格で、効率よく合理的な授業をたくさん受ける事ができるシステムになっていますので是非ご検討ください。

もし、既に他の塾に入ってしまって費用も払ってしまって・・・と言った場合は原澤塾のホームページをみたと言っていただければその分を原澤塾が負担しますので是非REDへお越しください。

お待ちしております!